住宅エコポイント政策を使ってエコな住宅を作り、お得な商品を貰う

作られた過程と歴史

エコポイントの歴史とは

住宅エコポイントとは地球温暖化対策として省エネの推進や住宅市場の活性化を目的として導入された制度です。一番最初に導入された住宅エコポイントは2009年年末に開始されました。その後一度終了し再度復興支援住宅エコポイントとして2011年に再開されました。この復興支援住宅エコポイントは2012年で終了となりました。その後該当する住宅や目的が少し変化し木材の適切な利用を促進するためのポイント制度として木材利用ポイント制度が2013年4月より開始されました。 これらのポイント制度では該当の住宅を新築したりリフォームし、申請を行うと決められたポイントをもらうことができるのです。付与されたポイントは工事代金に充てたり、専用のカタログに掲載されている商品と交換することができるのです。

2015年から開始される省エネ住宅エコポイントとは

2015年3月10日から省エネ住宅エコポイント制度が開始されます。3月10日というのは申請開始日です。実際に対象の住宅の建築やリフォーム工事の請負契約は2014年12月27日以降に締結されたものが対象となります。工事の着工がされていなければ変更契約も対象です。契約だけでなく工事の着工、竣工、申請、ポイントの交換にそれぞれ期限が設けられていてすべての日にちをすべて満たした場合にポイントを受け取ることができるのです。 今回の省エネ住宅エコポイントは最大で30万ポイントもらえる制度です。もらえるポイントは以前のポイント同様に即時交換に使用したりエコ商品や商品券に交換できるほか環境団体などの寄付することができるのです。